歯科で抱える歯の問題を一掃し隊|デンタルケアの必需性

女性

歯のさまざまな症状

医療器具

あなたは、自分の歯並びに自信がありますか?自信があるというあなたは、いつも大きく口を開けて食事をしたり、人前で笑顔を見せることができるでしょう。ですが、歯並びに自信がないひとは、そんな当たり前のことができなくなっているかもしれません。
歯並びを見られたくないから、大きく口を開けられい。笑顔で写真に映りたくない。そのように、歯並びは外見に対する自己評価を大きく下げてしまうことがあるのです。

また、歯並びはさらなる歯のトラブルを引き起こします。歯並びが悪いと、歯肉や歯を支えている骨に負担がかかってしまいます。結果、歯周病のリスクが上がるというわけです。
また、全体であろうと一部分であろうと、歯並びが乱れている部分は、歯みがきがしづらくなります。そのため磨き残しが多くなり、虫歯になりやすくなってしまいます。虫歯や歯周病は、歯や歯茎を蝕みます。悪化すると、歯を抜いたり手術したりしなければならなくなりますから、決して侮れません。歯並びはものを噛んだり、発音したりといった機能にも影響します。
見た目・健康・機能。その全てに悪影響を与えるとなると、歯並びの悪さを放置するのは問題だと思いませんか。歯並びは、そのひとのクオリティ・オブ・ライフに関わるのです。よりよい人生を送るためには、歯列矯正治療を受けて、キレイな歯並びを手に入れることをオススメします。

歯並びに関する悩みは、人によって異なります。
例えば、前歯が突出している出っ歯。正式には上顎前突症といいます。反対に、下顎が上顎より前に出てしまうケースもあります。一般的に受け口と呼ばれますが、正式には科学前突出症といいます。上と下の歯が噛み合わず、常に前歯が開いた状態になっていることは、開咬といいます。
また、歯が重なり合ったりして、でこぼこの歯並びになっていることを、叢生といいます。これらの症状がある場合、噛み合わせの改善や審美的な目的で、矯正治療を希望することがあります。